以前猪料理を夕食になる機会がありました。
俺が利用している建物が客人として呼んで頂き、猪・鹿革のアクセサリーや手提げ等の公表に行きました。
そこではジビエ料理のゼミが行われていて、私たちは遠巻きに「何が出来るんだろうね?」と見ていました。
先、我らにまでお料理を振舞ってくださいました。
俺は親類に猟師がいるので、ちょいちょい猪や鹿の肉を貰うことがあります。
以前鹿肉といった猪肉をいただいたので、鹿肉はカルパッチョとして、猪肉はバジルといった黒胡椒って塩分で炒めました。
猪肉は柔らかくなるように、味付けの前にパイナップル飲料に漬けて置きました。
炒めても固さが出なくて良かったです。
ただ、以前いただいた猪料理はとてもユニークで、私の料理をほめていただいた組織のあちこちも眼を丸くしていました。
猪の皮を煮込んだものをスライスして果実や野菜などとドレッシングで和えたサラダは驚きでした。
見せかけもとてもプリティーだし、猪の皮の口当たりがいい言い回しになってる上に猪の皮のあま味と果実の酸味がかしこく調和していて本当に美味しかっただ。
他にも色々な種類のお料理が出ていて、猪肉をスウィーツのポイントの一部に使っていたのには尊敬でした。
しかもうまい!獣害異常皆殺しという美味しい料理の協同に驚きっぱなしの日帰りでした。任意整理 個人再生 岐阜 相談 弁護士